委託ショップ
  • エロゲ、エロアニメ、PCゲームのダウンロードショップ - DLsite Pro
その他

リンク
  • アリスの同人ゲーム帳

  • (更新停止中)

(同人ゲーム感想)「東方チームバトル(仮)」

タイトル 東方チームバトル(仮)
配布元 東方チームバトル(仮)製作blog
媒体 PCゲーム(ツクール)
ジャンル RPG
プレイ時間 20分~

内容

まだまだ未完成ですが、システムがかなり凝られているのが興味深いです。

仮のタイトルのごとく、東方キャラを自由に選んでチームを組みたいという的なコンセプトで開発が始まったゲームのようです。最初に毛玉や人形を含む30名以上のキャラ3名を選ぶことからゲームは始まります。選んだ後、任意もしくはランダムで選んだ敵チームとバトルを行うことが出来ます。

独特のオートバトル

このゲームでは戦闘中に命令を下すことはできません。プレイヤーは傍観者で、ただ見ているだけです。キャラクターはそれぞれ特殊能力があり、ときには別キャラクターとのコンボで特殊技を発揮するようです(例・アリスと魔理沙)。キャラクターの編成は自由ですが、組み合わせによってはより強力なチームが……。この辺りはトレーディングカードバトルみたいですね。

ダンジョン探検モード

また、チームを組んだ後にダンジョンに潜って冒険をすることもできます。どちらかというと、敵チームとのバトルはこの冒険のためのテストプレイ的なイメージが強いですね。ダンジョン内ではオーソドックスなトラップやモンスターとのバトルが待っています。

おそらくどんな編成でもセリフは変わらないらしき言い回しは、世界樹の迷宮や、古くはソードワールドなどのTRPG、ゲームブックを彷彿とされます。ダンジョン探索もシナリオ制のようなので、どんどん追加されていきそうです。

残念な「空虚感」

いろいろと独特な雰囲気を持つ「RPG」でとても興味深いのですが、特徴がそのまま欠点になりそうな部分も多く見受けられました。

  • プレイヤーキャラが喋らないので、何のためにダンジョンに潜るのか分からない。
  • オートバトルでダメージや状態異常などを「エフェクト」表示しているので、おそらくかなりやり込まないと何が起っているか分からない。
  • 最初の編成以降、バトルで頭を悩ませる要素がない。パワープレイになりがち。
  • 全体的にゲームメッセージが硬派で、遊び(というか余裕みたいなもの)が少ない。

今後が楽しみ

全体的に「硬派」です。キャラは東方でも「東方」っぽさがあまりない作品ですが、逆に言えばゲーム性をかなり重視していく作品とも言えそうです。この辺りは人によっては「だがそれがいい」となりそうですし、まだ全体的なボリュームが不足しているゆえの欠点も多そうなので、この勢いのままどんどん掘り下げていければ面白くなりそうですね。

スクリーンショット